AV女優にはどのようなカテゴリがあるのか?

みなさんはAV女優と聞くとどのようなイメージがあるでしょうか。実は最近人々のAV女優へ対する見方が変わりつつあります。今まではスカウトなどでデビューする女優が多かったですが、今では自らAV募集広告に応募する積極的な人が増えているのです。このように今ではすっかり人気のある職業となりつつあるAV女優ですが、実際にAV女優にはどのようなカテゴリがあるのでしょうか。

まずAV女優としてトップクラスの女優は単体女優と呼ばれます。これはどういう意味でしょうか。単体というのはその女優一人で1本の作品が作れるという意味です。つまり、それだけ人気がある女優ということを意味しています。この単体女優は一つのプロダクションと専属の契約を結びます。それで、コンスタントに稼ぐことができます。しかし、契約期間中は他のプロダクションの作品に出演することはできません。

次のクラスは企画単体女優です。AVには様々な企画があります。そうした企画ものの中で単体、つまり一人の女優さんだけで作品ができるという意味です。そこそこの人気がないとなれないカテゴリであるといえます。この場合にはプロダクションと専属契約するというよりも、仕事のオファーが来たらそれを受けるという形なので、人気があれば単体女優よりも稼ぐことができます。

最後のカテゴリは企画女優です。いわゆる企画物に出演する複数の女優のうちの一人などを担う女優です。最初から単体女優としてデビューできるのは一握りですので、多くの新人女優はここからのスタートとなります。